デジフット・ブログ

一度しかない人生。楽しく生きなきゃ。

忍者ツールズのブログパーツでレイアウトすっきり!〜画像付き人気記事ブログパーツを簡単作成〜

最近、イラストレーターやフォトショップ、こちらのブログのレイアウトをいじったりと、今までわからない事や出来ないだろうなと思っていたことが出来るようになってきました!

 

1ヶ月前の自分とは確実に意識と思考が違っています。

実感出来ることは良い事ですね。

これもiMac27インチの大画面とサクサク動くスペックのおかげです。

27インチに慣れると、もう27インチ以下のデスクトップは無理ですね。

あとはメモリ8GBを32GBにしたら、言う事なし。

 

さて、今日はブログでやってみたかった、「画像付きの記事ブログパーツを反映させる」ことを紹介します。

細かく説明しきれないと思いますが、参考になればと思います。

 

 

レッツスタート。

 

f:id:reason7k555:20131201110320p:plain

 

ブログタイトルの下に、画像付きの記事が整列しています。

縦、横にも出来ますので、縦はサイドバーなどにも置くと見栄えが良いと思います。

 

さて、このブログパーツは簡単に作成出来ますので、よかったらやってみて下さい。

 

忍者ツールズのサイトに行きます。

http://www.ninja.co.jp/

 

f:id:reason7k555:20131201110703p:plain

トップページから「忍者レコメンド」をクリック。

(もしかしたら登録をしないと出来ないかも?)

 

f:id:reason7k555:20131201111806p:plain

 

すると、上記のような画面になります。

スクロールしていくと、”作成出来るパーツレイアウト”の一覧が見れますので、どのようにしたいかここで見ておきましょう。

パーツレイアウトが決まったら、「忍者レコメンドを作成する(無料)」をクリック。

 

f:id:reason7k555:20131201112512p:plain

 

自分はすでにレコメンドを作成しているので、このような画面になります。

たぶん初めての方は違う画面になるかもしれませんが、違う画面になっても、「+新規レコメンド」があると思うので、そちらをクリックして下さい。

 

f:id:reason7k555:20131201112727p:plain

 

すると、記事サイトのURL入力を求められるので、自分のブログのURLをコピペして→「追加」をクリックし、その後サイトタイトルが出てくるので、OKでしたら「このURLでつくる」をクリック。

 

f:id:reason7k555:20131201112948p:plain

 

この画面で作成や編集をします。変更する都度自動保存してくれます。プレビューを見ながらなので、とてもわかりやすいですよ。

 

■レイアウト/デザイン

  • 並び方     たて、よこを選ぶ。
  • テンプレート  7つのテンプレートがあります。お好きなものを。
  • テーマ     シンプル、グロス、キュートの3つから選ぶ。
  • 1記事の大きさ  自動か横幅指定。
  • 画像の大きさ    自動か横幅、縦幅の指定。
  • カラー設定     角の丸さ、枠の太さ、タイトルテキスト色など細かく設定できま        す。ブログのカラーと合わせてください。

 

■設定

  • 記事取得件数     配置する場所の横幅に合わせるなどご自由に。
  • 表示枠サイズ限界時  自分は指定しないにしました。
  • 表示項目       日付、シェア、本文を表示。自分はすべてチェック。
  • 表示順        TwitterFacebook、はてぶ数と連動しています。それ以           外に更新順とランダム順があります。

 

最後の情報のレコメンド名とコメントは適当です。

 

すべて設定が終えたら、下の「コードをコピー」をクリックしコピーします。

 

はてなブログで例えますが、自分は「デザイン」→「カスタマイズ」内の「ヘッダ」→「タイトル下」のHTMLにコピーしたコードを貼付けて反映させました。

 

ブログのレイアウトに合わせて、お好きなところに配置してみてください!

HTMLのコードをコピーして、貼付けるだけですので簡単でした。

 

自分はタイトル下の部分が寂しかったので、何か出来ないかなと思いこのようにしました。

ブログ全体のレイアウトが締まった感じがして、とても良いです。

 

ご参考までに!

 

 

今日は足首の捻挫が完治していないのでサッカーはお休み。

午後は仕事の資料作りをしなければ!

全国規模での広告展開が実現するかもしれないので、そのためにもクライアントに「ここまで調べてくれたのか」と唸らせる資料を作って後悔のないように提案していきます。

 

では!