デジフット・ブログ

一度しかない人生。楽しく生きなきゃ。

ジルの2ゴールでアーセナルがサウサンプトンに勝利!吉田、李、宮市は出場なし。【イングランドプレミアリーグ2013-14 第12節 アーセナル 2-0 サウサンプトン】

先ほど「デジモノが揃い、あとはソファーだけとなった部屋の環境」の記事を投稿したばかりですが、投稿したあとスカパーをつけて番組表を見たところ、プレミアリーグがやるところじゃないですか!

 

さっそく観ることに。

 

イングランドプレミアリーグ2013-2014 第12節

アーセナル vs サウサンプトン

 

 

 

現在勝ち点25で1位のアーセナル

そして今季いまだ1敗で5失点とリーグ最少失点で3位につけるサウサンプトン

サウサンプトンが勝利すれば勝ち点でアーセナルと並びます。注目の1戦!

 

さっそく試合総括。

 

【前半】

前半20分までアーセナルのペースでした。

トリッキーなシュートシーンもありましたし、パスは繋がり展開力も素晴らしいです!

 

そして、前半22分にアーセナルが先制点。

何とサウサンプトンのキーパー、ボルツが味方DFのバックパスの処理をミス。

あれはすぐにクリアしておくべきでしょう。

思わず失笑してしまった・・

 

その後バックパスがあるたびに煽られてて可哀想だったけど。。

 

しかし、サウサンプトンは失点しても組織が崩れることは見えなかったですね。

縦への意識もありますから、カウンターで一発、サイドから速い展開でハマれば得点できそうな匂いは出てました。

 

前半 アーセナル 1-0 サウサンプトン

 

【後半】

ハーフタイムで流れる前節のゴールシーンは面白いですね~!香川のゴールが見たいですね。

さて後半。

 

スタートからどちらに転がってもおかしくない攻防が続く。

オフサイドにはなったものの、56分にアーセナルは良い流れから攻撃のリズムを作る。

アーセナルの攻撃は、ワンツーとかダイレクトパスがきれいに決まるイメージがあります。

どこもワンツーやダイレクトパスは同じですけど、その中でも「フィニッシュまでの形」が頭ひとつ抜けてる感じがします。

 

お互いに譲らずの展開で、眠気も襲ってきてこのままでは寝てしまう、残り5分だ。と思っていたところ、コーナーキックでサウサンプトンのDFが相手ユニフォームを引っ張ってファール。

PKとなりジルーが決めて2-0。

 

サウサンプトンはつまらない2失点でもったいないですね~。

 

試合は終了しアーセナルが首位をキープ。

サウサンプトンは痛い敗戦となりました。

 

後半 アーセナル 1-0 サウサンプトン

 

吉田、李、宮市の出場はありませんでした。

日本人選手、出てほしいですね。

 

イングランドプレミアリーグ2013-2014 第12節

アーセナル 2−0 サウサンプトン

 

さてさて寝るとしますか。