デジフット・ブログ

一度しかない人生。楽しく生きなきゃ。

【サッカー日本代表】 国際親善試合 日本 2-2 オランダ 

f:id:reason7k555:20131116210136j:plain

 

ブラジルW杯2014まで7ヶ月を切りましたね。

今日はサッカー日本代表がベルギー国内で同じくW杯を決めているオランダ代表と対戦しました。

 

 

FIFAランキングは日本の44位で、オランダが8位。

過去に2度対戦していますが、2009年9月に0-3、南アフリカW杯では1次リーグでは0-1と負けています。

さらにオランダは南アフリカW杯では準優勝と、ブラジルW杯でも優勝候補に挙げられていますね。

 

今日の日本の先発は香川や遠藤、柿谷が外れて山口、清武が入り大迫の1トップ。

 

メンバー変えてきたか~、どういう戦い方するんだろって思ってましたが・・・

試合を見終えての感想をざっと書きたいと思います。

 

・日本 スターティングメンバー

GK:1 西川周作
DF:2 内田篤人、5 長友佑都、15 今野泰幸、22 吉田麻也
MF:4 本田圭佑、16 山口螢、17 長谷部誠(Cap)
FW:9 岡崎慎司、8 清武弘嗣、18 大迫勇也

サブ:1 川島永嗣、23 権田修一、21 酒井宏樹、3 酒井高徳、6 森重真人、19 伊野波雅彦、7 遠藤保仁、13 細貝萌、14 高橋秀人、10 香川真司、11 柿谷曜一朗、20 乾貴士

 

 

【前半】 日本 1-2 オランダ

立ち上がり5分は日本のペースでしたが、徐々にオランダペース。イレギュラーなバウンドボールだったとしても、あのエリアと敵が2m以内に接近している状況でゴールに向かってヘディングする内田の判断には驚かされましたが、そこで失点という、失点の形としては烙印。

 

さらにロッベンの十八番角度からのシュートで2失点。

 

終了間際には長谷部からダイレクトで大迫が左隅に決めて1点返して前半終了。

内容としてはまずまずですが、ミスは減らさないと、オランダの勢いある攻撃されたときの対応が悪いので後半も同じような守備ではやられるかなと思いました。

 

【後半】 日本 1-0 オランダ

後半は、清武と長谷部に変わり香川と遠藤が入りました。

やっぱ香川が入るとリズムが出ますね。

 

本田とのコンビネーションから良い形で攻撃出来ているし、周りが香川と本田を攻撃の軸として意識してプレーしてるから尚更。

本田も香川がポジションを固定せず色々な場所に顔を出すから、マークがずれて本田がボールを持つ、またはボールをもらえる動きが出てくるようになりました。

 

立ち上がりから終始日本のペースだった後半。

途中出場の酒井宏、酒井高はもう少し。柿谷は決めてくれって感じでした。

 

2点目の崩しは、日本代表戦の観てきた中での一番のゴールだと思います。

あのような連動した動きから点を取れるというのは、選手にとっても自信になったはず。

 

 

全体的に動きも攻撃の形も良かっただけに、点を取って勝ってほしかったです。

 

 

【試合終了】 日本 2-2 オランダ

 

総括

 

・香川と本田はセット

香川が自由に動くから、本田のマークが外れて相手の守備の陣形が崩れる。それによって本田が良いポジショニングでボールを受けてチャンスがつくれる。この形は日本の武器ですね。

 

・南アフリカW杯の阿部のように、アンカーシステムが良いのでは(今日の山口)

地味に山口のポジショニングがオランダの攻撃の出所を封じていたかも。

こういう選手がいるから、本田や香川、遠藤が生きるということも忘れてはいけない。

ダブルボランチ気味でしたけどね。

もちろん長谷部も良いですが、今日の山口は良かったと思います。

 

・香川のボールタッチに惚れる

最初のファーストタッチが絶品。一人だけ次元が違いました。

相手を交わすとき大きなアクションではなく、細かいボールタッチで一瞬にして振り切るところがさすがです。

 

・大迫良いじゃん

大迫よくダイレクトで決めた。

このフォーメーションで1トップ、特に大事だと思うのは「ボールキープ力」です。

後方からや流れでのパスをよくキープしてたと思います。

裏ばかりではなく、しっかりキープ出来て、香川や本田、サイドから内田や長友が押し寄せてくる形は観ていて迫力ありますよね。

 

・サポーターの皆様、お疲れ様でした。

1万3千人?入って9千人が日本人って途中聞きましたけど、すごいな!笑

日本の声援がスタジアムに響いていました。

選手にとって、大きな大きな力になりますよね。

 

今日のオランダは絶対的な存在、ファンペルシーがいないとはいえ、戦術があまり見られなかったです。

モチベーションもそこまで高くない感じが伝わってきてしまいましたが・・・

 

 

逆に日本は後半終始ペースを握っていたから、柿谷の決定的なチャンスや良い形で攻撃しているときこそ、点を決めないと苦しい展開をおびき寄せてしまいますね。

 

次戦は若手の成長が著しい赤い悪魔、ベルギーとの対戦。

日本時間19日(火)の5:00~からということで、会社行く前に見ますかね。 

 

よし、明日はいよいよiMac27インチとiPad Airが届くぞ~~!

ブログ記事も書きためないと。